聴覚障害者の福祉向上を考える「第57回耳の日記念の集い」が12日正午から、唐津市相知町の相知交流文化センターである。劇団などで活動する聴覚障害者が講演する。

 両親もろう者で、日本ろう者劇団などで舞台に立つ砂田アトムさんが「アトムの道」をテーマに語り、一人芝居を行う。そのほか、バルーンのパイロットを目指す宮本泰弘さんが「僕とバルーンとの出会い」と題して話す。手話語りDVD「李参平ものがたり」の上映もある。

 チケットは、一般2千円、手話サークルや県聴覚障害者協会などの会員は1800円、中高生は700円。当日は300円増。チケットは佐賀市の県聴覚障害者協会(佐賀商工ビル4階)で販売している。問い合わせは電話・ファクス0952(22)7307。

このエントリーをはてなブックマークに追加