日本気象協会(東京)は春のスギ花粉の飛散予測をまとめた。飛散シーズンは2月上旬に九州北部や中四国、東海の一部で始まり、北上する。西日本では量が多くなる見通しだ。

 飛び始めの時期は全国的に例年並みで、同協会は「飛散開始と認められる前からわずかに飛び始める」として、1月から花粉対策を始めるよう勧めている。

 近畿、四国、九州では昨年夏に高温・多照など花芽が多くできる気象条件がそろったため、飛散量は例年を上回る見込み。

 東北、関東は少なめで、北海道は記録的に降水量が多かったことが影響し非常に少なくなる。北陸、東海、中国は例年並み。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加