漫画に登場する江島宏さん(右)と作者の松井美由紀さん(中央)、漫画を受け取った白水敏光教育長=佐賀県庁

地域活性化を紹介する佐賀県スポーツコミッションの漫画事例集

■スポーツ庁、県内全中高校に贈る

 スポーツが地域活性化に貢献する全国の12事例を紹介した漫画の寄贈式が8日、佐賀県庁であった。スポーツ庁が企業の協賛を得て制作し、スポーツ大会や合宿を誘致する佐賀県スポーツコミッションも取り上げられている。県内全ての中学、高校など約180校にシリーズ全12冊が贈られる。

 式で漫画に登場する県職員の江島宏さんは「スポーツコミッションを広く知ってもらうことで協力が得られ、取り組みや効果が広がる」と述べた。作者の松井美由紀さん(福岡市)は「漫画を通して佐賀に愛着を持った。中高生にも魅力が伝われば」と期待を込めた。

 制作の協賛社となる日本生命の川出貴康佐賀支社長とスズキ自販佐賀の三溝哲哉社長が「スポーツによる地域活性化の取り組みを多くの人に伝えたい」などとあいさつし、白水敏光教育長に漫画を手渡した。

 県スポーツコミッションは2013年に設立され、女子野球のオランダ代表チームや世界陸上のニュージーランド代表などの誘致に取り組んできた。スポーツ庁の担当者は「自治体が中心になって合宿などを通して人を呼び込むのは、紹介している事例の中でも佐賀だけ」としている。

このエントリーをはてなブックマークに追加