佐賀市の一部や神埼市など2市4町を管轄する佐賀東部水道企業団は、50年かけて浄水場や送水システムを再構築する計画骨子をまとめた。老朽水道管の更新費用を圧縮し、75年かかる更新期間を50年間に短縮する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加