デビュー曲「海雪」を歌うジェロさん=佐賀市のモラージュ佐賀

 米国出身の演歌歌手ジェロさん(35)が6日、佐賀市のモラージュ佐賀でミニライブを行った。デビュー曲「海雪」や新曲「ひとり舟」などを熱唱し、力強い歌声で観客を引き込んだ。

 2008年に発売したデビュー曲「海雪」のイントロとともにジェロさんが登場すると、会場は歓声と拍手に包まれた。ジェロさんは日本人の祖母の影響で演歌歌手を志し、「5歳のころ初めて覚えた歌です」と美空ひばりさんの「越後獅子の唄」を披露、「ひとり舟」で締めくくった。

 「ひとり舟」は、人や物であふれる東京で感じた「大人の孤独」がテーマ。03年の来日時、知り合いがおらず孤独だった自身の過去を重ねて歌っているという。

 ジェロさんのファンで、新曲を聴きに来たという田中伸子さん(67)=福岡市=は「歌声が素晴らしく、顔を見ただけでドキドキした」と喜んだ。

 デビューから10年目を迎えるジェロさんは「憧れの紅白歌合戦にも出場でき、盛りだくさんであっという間の10年だった」と振り返った。

このエントリーをはてなブックマークに追加