在日米軍の新型輸送機オスプレイが昨年12月の不時着事故後、再び空中給油訓練を始めたことに関し、佐賀県の山口祥義知事は6日、「事故の徹底的な原因究明を求めており、しっかりと説明責任を果たしていただきたい」と国に注文した。

 政府は事故原因について調査中としており、山口知事は「そういう中で訓練再開ということなら『えっ』というのが普通の考え。違和感がある」と不快感を示した。

 国の説明責任に関して「米軍の話になるが事故は国内で起きており、どこまで(国が)説明できるのかが非常に大きな問題」と指摘し、「米軍から開示されないことも含め、できること、できないことをしっかり明示し、その理由も明確にしてもらいたい」と強調した。

このエントリーをはてなブックマークに追加