守り勝つ野球を目指す西唐津中野球部

 山口浩二教諭の指導の下、部員18人が「守り勝つ野球」を目指している。試合で出たミスを無くすため、自主練習に取り組む。

 試合で見えた課題について山口教諭と高崎健成主将(14)が話し合い、ノックや送球といった守備練習に時間を割いている。エラーから失点し、そのまま点差を離されたりすることが多かったが、「最近はミスが少なくなっている。チームに粘りが出てきた」と山口教諭。成果が出始めている。

 高崎主将は「上下関係が厳しくなく、みんな仲がいい」とチームの雰囲気はいい。「目の前の試合のことだけ考えている」と燃えている。

このエントリーをはてなブックマークに追加