卒業証書を受け取る卒業生=佐賀市の城南中学校

感謝の思いを胸に、最後の合唱を終えた卒業生たち=佐賀市の城南中学校

■恩師、友人へ感謝胸に

 県内の公立中学校で10日、卒業式が開かれた。90校、約8300人の生徒たちが3年間の思い出を振り返り、恩師や友人らへの感謝を胸に学びやを後にした。

 佐賀市の城南中学校では、3年生160人が式に臨んだ。卒業生が壇上に上がり、証書を受け取る表情はスクリーンに大きく写し出され、卒業生一人一人が在校生や保護者らに見守られながら証書を受け取った。

 江浦伸昌校長は「自分らしく、人間尊重の精神で未来を切り開いて」とはなむけの言葉を送った。2年生の松尾真白さんが「私たちが城南魂を受け継ぎます」と送辞を読み上げ、卒業生の平田莉菜さんは「城南中で学んだことを礎に、大きく育っていくことを誓います」と答辞を述べた。

 閉式後は卒業生らが壇上に上がり、最後の合唱を披露した。教師らの名前を呼び「ありがとうございました!」と声を上げる様子に、教師と保護者らは目頭を押さえながら手を振った。

このエントリーをはてなブックマークに追加