靴下を固定したい位置まで持っていき、一度折り返してソックタッチを塗り、戻す(フィルムで撮影)

 「ソックタッチ」は靴下がずり落ちないようにふくらはぎに塗ったスティックのりのような商品。昭和の靴下はわりと長めが多く、しかも洗濯で伸びやすかった。主に女子が愛用していた。使用時は位置を決めた後に靴下を少し折り返し、そこにソックタッチをぐるりと塗ってくっつけた。すね毛が絡まると痛かった。

=シリーズ 昭和のカケラ=
白黒テレビ
変速機付き自転車
ちゃぶ台
水飲み鳥
ホーロー看板
ガリ版(謄写版)
野いちご摘み
ミルメーク
レンゲソウ
ピンクの電話
テーブル型ゲーム機

このエントリーをはてなブックマークに追加