火の粉を散らしながら、勢いよく燃え上がる巨大なたいまつ=7日夜、唐津市十人町の唐津天満宮

 巨大な松明(たいまつ)とともに境内に積まれた門松やしめ飾りを焼き払う「おんじゃおんじゃ」が7日夜、唐津市十人町の唐津天満宮であった。降り続く雨の中、夜空を焦がす炎に参拝者は今年一年の無病息災を祈った。

 おんじゃおんじゃは江戸初期から続く鬼火たき行事。竹を束にした高さ約10メートル、直径約1メートルの松明は「おんじゃおんじゃ(鬼じゃ鬼じゃ)」の掛け声とともに、地元消防団の手で町内を巡り、家々のしめ縄にとりついた邪気(鬼)を境内に追い込んだ。

 午後8時すぎ、参拝者が持ち寄った正月飾りの山に、松明が立てられると、火の粉が舞い、火柱が辺りを明るく照らした。八島弘直宮司(77)は「雨の中でも頑張ってくれた消防団に感謝したい。穏やかな一年になってくれれば」と願った。

このエントリーをはてなブックマークに追加