佐賀大学は3日、2018年度の入試要項を発表した。全6学部の募集定員は前年度と同じ1291人で、長崎大、熊本大と共同でインターネットによる出願を導入する。

 定員は一般入試の前期日程が770人、後期251人、推薦225人など。芸術地域デザイン学部芸術地域デザイン学科の芸術表現コース(定員55人)を「芸術・工芸分野」と「有田セラミック分野」に分けて募集する。経済学部では、部活動など主体的な活動を評価する「特色加点」を推薦入試の一部で導入する。

 ネット出願は一般、推薦、AOの全入試が対象で、大学のウェブサイトから出願する。一般入試の出願期間は来年1月22日から31日までで、試験は前期が2月25、26日、後期が3月12、13日。

 英検やTOEFLなど外部の英語検定試験の成績を、大学入試センター試験の得点に換算できる仕組みを一般入試で採用する。コンピューターを使って出題や解答をする「CBT」方式を理工学部、農学部の推薦入試の一部で始める。

 問い合わせは入試課、電話0952(28)8178。

このエントリーをはてなブックマークに追加