厚生労働省は4日、二川一男事務次官(60)が退任し、後任に蒲原基道老健局長(57)=佐賀市出身=を昇格させるなどの幹部人事を発表した。旧厚生、労働両省のうち厚生出身の次官が2代続くことになった。新たに設ける次官級ポスト「医務技監」には医系技官の鈴木康裕保険局長(57)を充てる。発令は11日付。

このエントリーをはてなブックマークに追加