坂田道孝さんのお墓を洗い流す竹原稔社長=佐賀市川副町の善興寺

 サッカー・J1サガン鳥栖の“生みの親”でもある故坂田道孝さんの命日に当たる7日、サガン・ドリームスの竹原稔社長ら関係者が、墓参りのため佐賀市川副町の善興寺を訪れた。11位と苦しんだ昨季の戦いぶりを報告し「一つ一つ大事に戦う」と来季の躍進を誓った。

 県サッカー協会理事長としてプロチームの県内誘致に尽力した坂田さん。サガンの前身「鳥栖フューチャーズ」が解散後、経営危機に陥ったクラブを存続するために奔走した。2000年1月7日に54歳の若さで逝去。坂田さんの命日にちなんで、サガンのサポーターナンバーは「17」がつけられている。

 墓前に花を供えるなどした竹原社長は「頂上を目指して戦う中で、1試合ずつを大切にする。一つの結果をしっかり残す」と決意を新たにし、「競争が激化して戦えるチームに成長して進化していく」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加