パナソニックが発売する有機ELテレビの主力モデル=10日、大阪市

 パナソニックは10日、次世代パネル「有機EL」を採用した「VIERA(ビエラ)」ブランドの4Kテレビ3機種を、6月16日に発売すると発表した。有機ELテレビは2015年に欧州で販売を開始したが、国内では初となる。20年の東京五輪・パラリンピックを控え、高画質テレビの品ぞろえを強化することで、販売拡大を目指す。

 主力モデル「EZ1000」は65型で、想定価格は97万2千円前後。液晶テレビでは難しかった深い黒色など、多彩な色を表現できる。パナソニックの音響機器ブランド「テクニクス」の技術も採用し、クリアな音響にもこだわった。

 同時発売の「EZ950」モデルは55型が54万円前後、65型が86万4千円前後での販売を想定している。

 有機ELテレビはソニーも6月に発売を予定しており、メーカー間の競争が活発化している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加