小6当時の自分の姿を見つけ、笑顔を浮かべる新成人=伊万里市民会館

すっかりおなじみとなった「自撮り棒」を使って、晴れの日を写真に収める新成人たち=みやき町コミュニティーセンターこすもす館

 9日「成人の日」を前に、県内の11市町21会場で8日、成人式が開かれた。あでやかな晴れ着や真新しいスーツ姿の新成人たちは友人との再会を喜びながら、大人になった決意を胸に社会への新たな一歩を踏み出した。

 今年の県内の新成人数は8841人。昨年と比べると150人増えたが、ピークだった1970年以降では3番目に少なかった。成人式は3日の多久市などを皮切りに、8日までに全20市町で開かれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加