事務所開きで支援者に訴えかける志佐治徳氏(右)=唐津市中原

 22日告示、29日投開票の唐津市長選に立候補を表明している市議の志佐治徳氏(69)=厳木町=が8日、唐津市中原に事務所を開いた。集まった約40人を前に志佐氏は「清潔な市政、市民こそ主人公の行政が必要。勝利をつかむために頑張りたい」と決意を述べた。

 市長選のために立ち上げた市民団体「唐津しゃんとする会」の事務所で、「しゃんとする会を母体にした立候補。皆さんと一緒に唐津を“当たり前のまち”に戻さないといけない」と話した。同会の濱田正弘共同代表は「今の市政に望むのは市政の改革・浄化、反原発。志佐さんはそれをやってくれる。同じ目的に向け、志を一つにすれば、波動を起こせる」と支援を呼び掛けた。

=唐津市長選2017=

このエントリーをはてなブックマークに追加