鳥栖―広島 前半30分、ドリブルで攻め込む鳥栖MF鎌田(左)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 MF鎌田がU-23日本代表で一緒にプレーしたMF原川のゴールを導いた。前半終了間際、果敢にドリブルで攻め上がってゴール前で相手のファウルを誘発し、FKを獲得。決勝点を“アシスト”した若き司令塔は「攻撃は自分発信でできていた」と胸を張った。

 前半15分にはDF藤田の浮きパスにバックヘッドで合わせるなど、自らもゴールに迫った。昨季以上の走行距離をマークし続ける20歳は「ゴールは(まだ)ないけど、やり続ければ取れる」と力を込めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加