鳥栖―広島 前半44分、FKで先制ゴールを決める鳥栖MF原川=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

鳥栖―広島 前半44分、先制ゴールを決めて喜ぶ鳥栖MF原川=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 振り抜いた右足から放たれた放物線が、緩やかなカーブを描いてゴール左隅に吸い込まれた。開幕戦に続き、ホーム2戦連続で鮮やかなFKを決めてみせたMF原川。今季中盤で躍動するニューカマーが、鳥栖に初勝利をもたらした。

 前半44分、MF鎌田が敵陣中央に仕掛けて得たFKだった。原川は「ファーに合わせようと思ったが、追い風だったから」と直接ゴールへ。狙い通りに決まると、跳び上がって喜びチームメートの手荒い祝福を受けた。

 ただ、試合後の振り返りで挙げたのは、FKよりむしろ守備面だった。「勝てていなかった中、ゼロで抑えることができたのは大きい」と原川。3ボランチの一角として、運動量を落とさず積極的に相手にプレスをかけ続けたことを自負。MF福田、MF高橋と「コミュニケーションを取りながら臨機応変に対応できた」と胸を張った。

 「試合を重ねていくごとに、頭と体の動きがなじんできている」という原川。フィッカデンティ監督が追い求めるスタイルへの順応に自信を深める中で「流れの中から生まれる得点に絡んでいきたい」と意欲を見せる。

 チームのここまでの3得点のうち2得点は原川のFKからと単発的。この日も前半、たびたび好機をつくりながら得点に至らなかった。「点を取ることで楽にできた部分もあった」(フィッカデンティ監督)と、依然決定力が課題として残る中で原川が新たな役割を果たせるか。期待は大きい。

このエントリーをはてなブックマークに追加