新成人と語らう唐津市長選立候補予定者(右)=厳木町保健センター

 22日告示の市長・市議選を控えた唐津市。18歳選挙権の導入で2、3月生まれを含め新成人全員が有権者に。旧市町村ごとの式典会場には市長選立候補予定者や陣営関係者が駆けつけ、アプローチを図った。

 市選管は若者向けに漫画で投票の意義を説くガイドブックを配った。7日の厳木会場に出席した専門学校生の平居昂大(こうだい)さん(20)は19歳だった昨年7月の参院選に続いて2度目の選挙。「参院選は奨学金制度の充実を公約にしていた人に投票した。市長選はまだぴんと来ないけど、これから考えます」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加