「ヤマネコ毛布」原画展の案内チラシ

■卒業シーズンにお薦め

 みなさんは、絵本『ヤマネコ毛布』を読んだことがありますか。福岡県北九州市生まれの山福朱実さん作・画の絵本(パロル舎 2007年)です。

 旅に出ると決めたヤマネコに森の仲間たちが、ヤマネコとの思い出を針と糸にこめて刺しゅうにします。楽しかったこと、痛かったこと、悔しかったことなど…。ヤマネコは、そんな仲間たちとの「思い出」を担いで新たな一歩を踏み出します。新しい年、そしてこれからの卒業シーズンにお薦めの絵本です。美しい木版画でつづられ、毛布のようなぬくもりにあふれています。

 伊万里市民図書館では、「ヤマネコ毛布 木版画絵本 原画展」を「子どもの本屋 ピピン」の協力で20日まで開催中です。「ずっと残したい絵本シリーズ」として復刻ドットコムで再版された記念に、九州内を巡回しています。

 石牟礼道子さん作、山福朱実さん画の『水はみどろの宮』の原画展も同時開催しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加