「活動を通して新しい出会いがあり、生活に張りが出た」と話すJAからつの阿部さん=唐津市の唐津ロイヤルホテル

■阿部さん(JAからつ)発表

 九州地区のJA女性組織リーダーの学習会が5日、唐津市で始まった。初日は体験発表などがあり、佐賀県代表の阿部智恵子さん(JAからつ)は、活動参加で商品券と交換できる仕組みをつくり、仲間を増やした実績を発表した。

 阿部さんは「女性部活動への参加を促すにはメリットが必要」と、活動に参加して集めたスタンプを、Aコープの商品券と交換できる制度を導入した取り組みを紹介。2カ月で18人が増えて活動が活性化し「新しい出会いが生まれた」などと成果を披露した。

 九州・沖縄8県の優れた取り組みを共有し、部員同士の情報交換のためJA女性組織協議会が毎年開いている。各県代表者はみそ作りを通した地域交流や、子どもたちへの食育活動などを発表し、JA職員や女性部員約400人が聴いた。

 大会は6日までで、最終日は最優秀賞の発表と学習会がある。最優秀賞に選ばれた代表者は、1月に東京で開く全国大会へ進む。

このエントリーをはてなブックマークに追加