佐賀大学を今春卒業・修了した学部生と大学院生の就職率(5月1日現在、最終値)は前年を0・4ポイント上回る98・3%で、国立大学法人に移行した2004年以降の最高値を2年連続で更新した。人手不足を背景に、企業の採用意欲が高い状況が続いている。

 学部生の就職率は0・6ポイント増の98・0%、大学院生は前年と同じ99・6%だった。学部別では就職支援を強化した経済学部が2・2ポイント増の97・0%、理工学部が1・3ポイント増の98・9%など、全5学部で96%以上になった。大学院では就職希望者234人のうち、就職できなかったのは1人だけだった。

 今春の卒業生から就職活動の日程が変更され、面接など選考活動の開始時期が4年次の6月に2カ月前倒しされたが、就職状況に大きな影響はなかった。就職支援課は「学生優位の売り手市場は当面、続きそう」と話す。

このエントリーをはてなブックマークに追加