三養基郡上峰町で農地の維持管理をしている地域住民組織が、総会を開かないまま10年にわたって国の交付金を受給していた問題で、9日午前10時から町農村婦人の家で臨時総会を開く。問題の経緯や会計処理について質疑をする。

 「大字堤地区農地・水・環境向上活動協議会」の運営を巡って、区長と有志が6月中旬、協議会代表に臨時総会開催を文書で申し入れていた。協議会では、構成員の3分の1以上の要求があれば、30日以内に臨時総会を開く規約になっており、構成員53人(6人は既に故人)のうち27人の署名を添えて要請していた。

 協議会を巡っては、2007年の発足時から総会を開かず、活動地域の一つで役員の一人が作業日当などの水増しをしたことが分かっている。臨時総会当日は町の担当課長も出席を予定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加