■次男が教科書会社勤務

 次男が教科書出版会社に勤務する福岡県芦屋町の前教育長が在職中、地方教育行政法で禁じられている町教育委員会の教科書選定会議に出席していたことが11日、県教委への取材で分かった。県教委は、文部科学省に「選定への働き掛けなどの影響はなかった」と報告した。

 同法は、教育長や教育委員の3親等以内の親族に、会議の議題に関する利害関係者がいる場合、教育委員会の同意なく議事に参加することを禁じている。

 文科省は、前教育長が法に違反したとして、9日付で各都道府県教委に教科書選定での法令順守を求める通知を出した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加