■夏空駆け上がる回転花火 旧西有田町の大木宿は、その名の通り江戸時代の宿場町。当時盛んに海外へ輸出された有田焼を、積み出し港の伊万里津まで運ぶ荷担い職人らが足を休めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加