佐賀県独自の水稲品種「さがびより」の田植えが県内で始まった。総作付け面積は約5300ヘクタールで、「夢しずく」に次ぐ主力品種。10月中旬ごろから収穫が始まる。食味ランキング7年連続「特A」を目指す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加