バレーボールの世界クラブ女子選手権第3日は12日、神戸総合運動公園体育館で行われ、開催国代表でA組の久光製薬はワクフバンク・イスタンブール(トルコ)に、昨年のアジア・クラブ選手権を制して出場権を獲得したB組のNECはエジザジュバシュ・イスタンブール(トルコ)にいずれも0―3で敗れて3連敗となった。ともに最下位で各組下位2チームによる順位決定戦に回る。

 A組はワクフバンク・イスタンブールが1位、レクソナ(ブラジル)が2位で決勝トーナメントに進出。B組はボレロ・チューリヒ(スイス)が1位、3連覇を狙うエジザジュバシュ・イスタンブールが2位。

このエントリーをはてなブックマークに追加