大分県日田市の花月川に架かる、JR九州の久大線の橋が流された現場=6日午前11時9分(共同通信社ヘリから)

 記録的な豪雨に見舞われた九州北部の福岡、大分両県で6日、自衛隊や消防などは不明者の捜索や住民の救助活動を続けた。福岡県では朝倉市と東峰村で約700人が孤立。県などが状況把握を急いでいるが、道路が寸断しており、難航している。

【関連情報】
気象・交通・ライフライン情報リンク集

 両県では6日、3人の死亡が確認されたほか、2人が心肺停止の状態で見つかった。福岡県によると、朝倉市で1人が行方不明、東峰村で3人と連絡が取れていない。大分県では日田市で15人と連絡が付かなくなっている。菅義偉官房長官は記者会見で、両県警への110番のうち約20件で安否が確認できていないと明かした。政府は調査団を派遣し、情報収集を進めた。

 共同通信の集計では避難指示は一時、福岡、大分、熊本3県で約18万6千世帯、約45万人に上った。雨が弱まった6日午後には約3万9千世帯、約10万6千人に減った。

 気象庁は6日午後、福岡、大分両県の広い範囲に5日から出していた特別警報を解除したが、引き続き大気が不安定な状態にあり、土砂災害や河川の氾濫に厳重に警戒するよう呼び掛けている。

 福岡県は朝倉市と東峰村、大分県は日田市と中津市に災害救助法の適用を決めた。

 福岡県警によると、朝倉市で流木などに埋もれて男性の遺体が見つかった。日田市では土砂崩れに巻き込まれた消防団員の男性(43)の死亡が確認されたほか、川の中で男性(79)の遺体も見つかった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加