政府は6日、九州地方の大雨被害への対応を協議する関係閣僚会議を開いた。麻生太郎副総理兼財務相は「7月の降雨量のほとんどが半日に集中し想像を超えるものになっている。異常事態であることは間違いなく極めて深刻だ」と指摘した上で「人命救助に全力を挙げてもらいたい」と指示した。

 麻生氏は「河川氾濫や土砂災害はこれからも発生することが予想される。被災市町村と緊密に連携し、被災者の救命救助や住民の避難対策に全力を尽くしてほしい」と述べた。

 内閣府は福岡、大分両県に先遣隊を派遣し、道路寸断による孤立状況などの情報収集を始めた。松本洋平副大臣が福岡県に入り、先遣隊と合流。長坂康正政務官は7日以降に大分県に派遣する。

 閣僚会議の前に開いた関係省庁の事務方による対策会議で、松本純防災担当相は「救助活動に全力を挙げてほしい」と求めた。九州地方では梅雨前線が停滞する見通しであることから、松本防災担当相は「土砂災害や河川の氾濫に厳重に警戒し、自らの身を守る行動を取ってほしい」と住民らに呼び掛けた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加