九州北部では大気の状態は依然として非常に不安定で、7日夕方まで断続的に非常に激しい雨が降る恐れがある。気象庁は6日、土砂災害や河川の氾濫、浸水に引き続き警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、東シナ海から梅雨前線に向かって湿った空気が流れ込み、7日にかけて長崎県、佐賀県、熊本県の沿岸部では積乱雲が発生しやすくなり、大雨を降らせる「線状降水帯」が形成される可能性がある。

 5~6日に記録的な大雨が降った福岡県や大分県は、6日午後に大雨の特別警報が解除されたが、一時的に雨が上がっても、地盤に水がたまって緩んでいたり、河川の堤防が決壊したりして、わずかな雨でも新たな災害が発生することもあるため、引き続き厳重な警戒が必要だ。

 九州の北側に停滞している梅雨前線は、7日夜以降は北上し、湿った空気の流れも朝鮮半島に向かうため、大雨の危険は低くなる見通し。

 7日午後6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多いところで長崎県、佐賀県、熊本県で200ミリ、福岡県、大分県、鹿児島県で150ミリ。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加