大手電力全10社の来年2月の家庭向け電気料金が来年1月と比べ値上がりする見通しであることが19日、分かった。火力発電所の燃料となる原油や液化天然ガス(LNG)の輸入価格が上昇したため。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加