アトピー性皮膚炎のかゆみを引き起こす源となるタンパク質を、九州大・生体防御医学研究所のチームがマウス実験で突き止め、9日付の英科学誌電子版に発表した。チームは「将来、かゆみを根本から断つ治療薬の実現も期待できる」としている。

 これまでの研究で、かゆみを直接引き起こすのは「IL-31」というタンパク質で、アトピー性皮膚炎患者の血中では健常者と比べて10倍以上多いことが知られていた。血中の免疫細胞が刺激されると大量に生じるが、その詳しい仕組みは解明されていなかった。

 チームは今回、皮膚炎を発症したマウスと健常なマウスで、免疫細胞のタンパク質を詳しく解析。皮膚炎を患うマウスでは、タンパク質「EPAS1」の量が5~10倍だった。

 EPAS1を健常なマウスの免疫細胞に注入してみると、IL-31は増えた。逆に、皮膚炎のあるマウスを遺伝子操作してEPAS1を抑制すると、IL-31も減った。患者の免疫細胞を培養して行った実験でも、同様の結果だったという。こうした解析や実験により、EPAS1がIL-31の増減を左右し、かゆみを引き起こす源となっている、とチームは結論付けた。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加