地域色豊かなマンホールのふたの図柄を紹介する「マンホールカード」が人気を集めている。これまでに41都道府県の約100自治体が無料で配っており、配布地域を訪ねて回るコレクターもいる。ただインターネットのオークションで高額取引される例があり、関係者からは困惑の声も上がっている。

 カードは縦8.8センチ、横6.3センチの紙製。全国統一の様式で、表にマンホールのふたの写真、裏にデザインの由来などが印刷されている。国土交通省や自治体、民間企業でつくる下水道事業の広報団体が「地域のPRにもつながるのでは」と発案した。

 自治体の役所や下水道関連施設、観光施設などで昨年4月に配布を始めた。カードを作る自治体は続々と増えており、今年4月には47都道府県に広がる見通しだ。

 ふたの図柄は、水戸市は市のゆるキャラ、静岡県富士市は富士山、高松市は地元が舞台となった平家物語の一場面などと多彩だ。

 観光名所の時計台を図柄にしている札幌市は、市下水道科学館で既に9000枚以上を配った。校外学習で訪れる小学生にも好評という。

 福岡市は地元プロ野球チームのマスコットを描いたふたなど2種類のカードを発行。担当者は「関東から来たコレクターもいれば、野球ファンや観光客が持ち帰ることもある」と話す。

 だが自治体側は配布場所に足を運んだ人だけに1人1枚手渡すという原則を定めており、収集の難しさからか、ネットオークションで1枚1000~2000円台で売買されるなど一部コレクターの過熱ぶりもうかがえる。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加