村人たちが力を合わせて大蛇を討ち取った所と伝えられる「蛇取橋」

 神埼市の西郷地区には、今も語り継がれる地名伝説があります。

 昔々、西郷の村人は平和に暮らしていました。ある日、日の隈山から、それはそれは大きな蛇が現れ、田畑を荒らし、人をも飲み込み恐ろしいことになりました。

 大蛇の全長はおおよそ六丁(約650メートル)。地区名に「上六丁」「下六丁」があり、鼻の先があった所が「花手(はなで)」で、尻尾があった所が「尾崎」とされます。

 ほかにも、村人たちが大蛇退治の相談に寄り合った所が「野寄(のよい)」。大蛇退治に柏の木をいぶすため、いっぱい集めた所が「柏原(かしわばる)」。いぶした所が「伏部(ふすべ)」。大蛇が苦しんで逃げた所が「蛇貫堤(へぼのきでえ)」。村人が力を合わせ退治した所が「蛇取橋(じゃといばし)」。

 先のお話フェスタで読み聞かせの会の親子が、大蛇伝説劇を演じるなど、地元で語り継がれています。(地域リポーター・江原邦興=神埼市)

このエントリーをはてなブックマークに追加