KDDIは19日、小型無人機「ドローン」を活用する事業で、ゼンリンとドローンメーカーのプロドローン(名古屋市)と業務提携すると発表した。携帯電話の通信網を利用して複数のドローンを遠隔操作するシステムを構築し、農業や災害救助、配送の分野で2017年度中のサービス開始を目指す。

 上空を安全に飛行するため、高いビルの情報などを落とし込んだゼンリンの3次元地図データの作成ノウハウを活用する。

 ドローンを使った事業は、今後市場が大きく伸びると見込まれている。NTTドコモが自社の携帯ネットワークを生かした買い物代行サービスの実証実験を福岡市で始めるなど、携帯各社も開発を競っている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加