JA佐賀県女性組織協議会の第60回通常総会が12日、佐賀市のアバンセで開かれた。1958年3月の結成から60年の節目を迎えることから、12月に記念事業を開くことなどを決め、組織の発展を誓った=写真。

 記念事業は12月20日に佐賀市文化会館で記念式典を開き、記念誌も発行する。総会では、食農教育や環境保全活動の推進など2017年度の活動計画を承認。前年度に行った熊本地震復興支援の募金活動で、約145万円を被災地に届けたことが報告された。

 家永美子会長(みどり地区)は「60年間、時代に応じて素晴らしい活動が展開されてきた。地域と連携し、女性部の仲間とともに活動の輪を広げていこう」とあいさつ。JA佐賀中央会の金原壽秀副会長は「女性部の強いネットワークでJAのファンを増やし、農協を地域でなくてはらならい存在に押し上げる原動力になって」と激励した。(農政担当・古川浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加