佐賀県健康福祉部の久保山善生副部長(左)に寄付金10万円を手渡した佐賀ライオンズクラブの堤正之会長=県庁

 佐賀ライオンズクラブ(堤正之会長、65人)は12日、障害福祉分野の充実に役立てもらおうと、寄付金10万円を佐賀県に贈呈した。

 寄付金は4月21日に江北町で110人が参加した「第3回障がい者支援チャリティーゴルフコンペ」の収益の一部。堤会長は「県内の障害者の人たちが暮らしやすい環境づくりに役立ててほしい」とあいさつした。

 寄付金を受け取った県健康福祉部の久保山善生副部長は「障害福祉行政に興味を持ってもらうきっかけづくりをしたい。啓発用の資料作成などに充てたい」と感謝した。

このエントリーをはてなブックマークに追加