■寺と地域の人々を縁で結ぶ 1505年創建の、阿弥陀(あみだ)如来を本尊とする浄土真宗の寺。長崎街道に面し、江戸時代に参勤交代で「脇本陣」として外国使節などの宿泊に使われていた歴史もあります。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加