新潟でオスプレイ訓練

 陸上自衛隊と米海兵隊は13日、新潟県の関山演習場で共同訓練を実施した。米軍普天間飛行場(沖縄県)所属の新型輸送機オスプレイ4機が参加、国内の共同訓練では過去最多となった。日米の連携を確認するとともに、オスプレイの陸自導入を見据え、有効性をアピールする狙いもあるとみられる。

 国内の共同訓練参加は昨年12月に沖縄で機体が大破する事故を起こして以降初めてで、地元には安全性を懸念する声がある。この日は6機が参加予定だったが、米軍側の事情で少なくなった。

 陸自によると、日米の部隊が協力して偵察や哨戒、輸送などに当たる総合訓練の一環。

このエントリーをはてなブックマークに追加