西日本は12日、東シナ海から九州に延びた前線の影響で大気の状態が非常に不安定になり、九州では局地的な大雨が降った。気象庁は、13日は東日本でも大雨になるとして河川の氾濫や土砂災害に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、鹿児島県薩摩川内市の上甑島では12日午後、観測史上最大の1時間あたり107・5ミリの猛烈な雨が降った。13日にかけて、前線上に低気圧が発生して本州付近を東に進む見通しで、低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、局地的に1時間に50ミリを超える非常に激しい雨が降る可能性がある。太平洋側を中心に、西日本では13日昼前、東日本と沖縄・奄美では夕方まで、大雨や落雷、竜巻などに警戒が必要。13日午後6時までに予想される雨量は、いずれも多いところで、四国250ミリ、九州と近畿200ミリ、となっている。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加