21世紀末には東京の気温は現在の屋久島並みに-。全世界で地球温暖化対策がまったく進まない場合、日本の年平均気温は20世紀末から4・5度上がるというシミュレーション結果を気象庁が公表した。

 シミュレーションの基になったのは、温室効果ガスの排出量削減と吸収量を増やす対策をしないと、世界の年平均気温が3・7度上昇するという気候変動に関する政府間パネル(IPCC)がまとめたシナリオ。

 日本に当てはめて詳しい予測をしたところ、東日本の太平洋側では年平均気温が4・3度上昇するため、東京(15・4度)は現在の屋久島(19・4度)と同程度に。最高気温が35度以上の猛暑日になる日数も、沖縄・奄美で年間54日程度増え、東・西日本でも20日以上増えるという結果になった。

 一方、最高気温が0度未満になる真冬日は、札幌で現在の45日から7日程度まで減少する。

 1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る回数も全国平均で2倍以上になると予測され、気象庁の担当者は「農林水産業への影響や水害の増加など、温暖化のリスクの大きさを知ってもらいたい」と話している。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加