福岡県と大分県で降った記録的な豪雨は、南西からの非常に湿った風と、北西からの風がぶつかって上昇気流が生まれ、次々と発生した積乱雲がもたらした。5日昼から夜にかけてほぼ同じ場所で積乱雲が発生し続けたことで、大雨も長時間続くことになった。

 気象庁によると、梅雨前線は九州の北で停滞していた。九州北部には大量の水蒸気を含んだ風が南西から流れ込み、北西の玄界灘からは海風が吹き込んだ。この二つの風が福岡、佐賀県境にある脊振山地の東端でぶつかった。

 向きの違う風がぶつかると、行き場を失った風が上空へ向かうため上昇気流が生まれ、次々と積乱雲が発生する状態になった。この積乱雲が連なって「線状降水帯」となり、福岡県や大分県の上空にかかって大雨を降らせた。

 二つの風の流れが変わらなかったため、ほぼ同じ場所で積乱雲が発生し続け、5日昼ごろから夜にかけて長時間、非常に激しい雨や猛烈な雨が続いた。6日午前までの24時間の雨量は、福岡県朝倉市でこれまでの観測史上最大を200ミリ以上更新する545・5ミリ、大分県日田市でも370ミリで観測史上最大だった。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加