それぞれの保護者に茶をたてる須古保育園年長組の子どもたち=白石町の須古保育園(提供)

 子どもたちが保護者に茶道のお点前を披露する茶会が白石町の須古保育園であった。卒園する年長組の21人が、約1年かけて稽古してきた成果として茶をたてた。

 子どもたちはやや緊張しながらもそれぞれの保護者の前に手をつき、一つ一つの所作を丁寧にこなしながら茶をたてた。味わった保護者からは、子どもたちの成長ぶりに感激する声も漏れていた。

 同園では10年前から、年長児を対象に、裏千家淡交会に所属する宗美寿恵さん=白石町馬洗=が茶道を教えている。本年度も5月ごろから礼儀作法も含め指導を受けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加