三田川小学校の児童6人が大手タイヤメーカーのブリヂストン(本社・東京)が主催する「こどもエコ絵画コンクール」で佐賀工場長賞を受賞した。10日に同校で表彰式があり、水田良樹工場長が賞状や記念品を贈り、受賞作をプリントした車の前で記念撮影した。

 コンクールは14回目。今回のテーマは「わたしのたいせつなしぜん」で、同校から582人が出品した。受賞作は海の中を泳ぎ回る魚や樹液に集まる昆虫などさまざまな着眼点から自然を描いている。水田工場長は「審査しながらこちらが楽しくなる作品ばかりだった」と笑顔を見せた。

 町内を流れる田手川をテーマに描いた6年の浅井花菜(かな)さん(11)は「おじいちゃんに連れて行ってもらった場所で鳥が飛ぼうとしている様子を描いた。賞に選ばれてうれしい」と話した。

 他の受賞者は次の通り。(敬称略)

 1年 徳島琉唯(るい)▽2年 吉川悠仁(ゆうと)▽3年 森優仁(ひろと)▽4年 伊生周平▽5年 大田拓真

ブリヂストンのエコ絵画コンクールで佐賀工場長賞に選ばれた三田川小の児童ら=吉野ヶ里町

このエントリーをはてなブックマークに追加