「存在」 (C)IKEDA Manabu

 県立美術館は2月25日13時半から、子どもたちのためのワークショップ「池田さんの絵の世界で遊ぼう!」を同館・2階画廊で開く。対象は小学校の児童と保護者で、定員20人。応募多数の場合は抽選。

 同館学芸員の野中耕介さん、秋山沙也子さんを講師に、1月20日から始まる「池田学展」の作品をより深く、楽しく味わってもらうワークショップ。

 申し込みは「池田学展」特設サイト(http://tokushu.saga-s.co.jp/ikedamanabu)から。

〈20日から「池田学展」〉

 1月20日~3月20日、佐賀市城内の県立美術館で「池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―」が開かれる。わずか1ミリに満たないカラーペンの線から、緻密な絵肌で壮大な世界を描き出すアーティスト・池田学さん(佐賀県出身)による初の大規模個展。ふるさと佐賀で開催し、その画業の全貌と想像力の秘密に迫る。

 1月28日と2月12日は14時から、作家自身が会場を案内するアーティスト・トークを開催。1月21日13時半からはアメリカ・チェゼン美術館長のラッセル・パンチェンコ氏の講演会も。

 大学生以上1200円、前売り・団体・各種割引1000円、高校生以下無料。問い合わせは実行委員会事務局(県文化課内)、電話0952(25)7236。

このエントリーをはてなブックマークに追加