サッカー・J1サガン鳥栖は10日、DF三丸拡(23)と2017シーズンに向け契約を更新したと発表した。

 三丸は昨季、筑波大から鳥栖に加入。リーグ戦出場は3試合にとどまったが、豊富な運動量と左足の正確なクロスを武器にU-23日本代表を経験した。三丸はクラブを通じ、「今年こそはチームに必要とされる選手になれるように頑張る」と意気込みを示した。

 また、J2ジェフユナイテッド市原・千葉に期限付き移籍していたDF丹羽竜平(30)と、契約期間満了に伴い契約を結ばないことも発表した。

 丹羽は2010年に鳥栖に加入し、右サイドバックとしてチームのJ1昇格、定着に貢献。昨季途中から千葉に期限付きで移籍し、リーグ戦は18試合に出場した。丹羽は「本音はまたサガンブルーのユニホームを着たい気持ちがあった。ミヌキャプテンを見習ってスマイルでお別れしたい」とコメントした。

このエントリーをはてなブックマークに追加