第27回阿久根市長旗九州選抜高校駅伝大会は12日、鹿児島県阿久根市であり、佐賀県勢は男子の鳥栖工が2時間9分34秒で3連覇を果たした。

 九州・沖縄の各県から男子(42・195キロ)に18校、女子(21・0975キロ)に17校が出場。鳥栖工は1区の西久保遼が5位につけ、2区の三俣友作が2位に浮上。3区の森智哉で首位に立ち、後続も5区の中野駿斗が区間賞を取るなど安定したレース展開で首位を譲らなかった。

 男子の2位は1分16秒差で大分東明、3位は樟南(鹿児島)が入った。

 その他の県勢は男子の白石が10位、女子の清和が14位だった。

 =県勢の成績=

 【男子】(1)鳥栖工(西久保遼、三俣友作、森智哉、武藤圭汰、中野駿斗、高瀬桂、戸高健斗)2時間9分34秒(10)白石(牧瀬圭斗、相良康輝、平駿介、一ノ瀬涼太、山口大地、小島賢太、山田一輝)2時間15分22秒

 【女子】(14)清和(大久保麻紀、大久保菜々、渡辺夕奈、田中千陽、松田智美)1時間16分5秒

このエントリーをはてなブックマークに追加