藤原俊之部長(左)から表彰状を受け取る元民生委員・児童委員=佐賀県庁

 民生委員・児童委員としての長年の功績をたたえる厚生労働大臣特別表彰の伝達式が10日、佐賀県庁であった。対象者33人のうち18人が参加し、県健康福祉部の藤原俊之部長から表彰状を受け取った。

 表彰は長年にわたって職務に精励し、第一線を退いた人が対象。脇山義實(よしみ)さん(79)=唐津市=が「受賞した栄誉と感謝は忘れない。これからもそれぞれの地域の民生委員が努力していく」と代表で謝辞を述べた。

 民生委員・児童委員は1人暮らしの高齢者や障害者などの自宅への訪問、児童の登下校の見守りなどが主な活動。15年間委員を務めた赤川敏子さん(75)=鹿島市=は「さまざまな環境の人と接し、地域のこと、世の中のことをより知ることができた」と活動を振り返った。

このエントリーをはてなブックマークに追加