文部科学省は10日、中堅幹部や若手職員ら約30人分の人事異動案を、人事課の担当者が誤って全職員にメールで一斉送信していたことを明らかにした。別の候補者名や検討したものの見送った案、過去の異動資料も含まれていた。松野博一文科相は閣議後の記者会見で「チェックが足りなかった。再発防止に努めたい」と話した。

 人事課は再発防止のため、人事など秘匿性の高い重要情報に関しては担当部局内でもメールを使わず、紙の資料でやりとりすることを決めた。

 誤送信したのは今月4日夕。大臣官房や初等中等教育局、文化庁などの企画官以下の職員が対象で、今月中旬に発令する予定だった。人事課の担当者が部下に異動案を送ろうとして操作を誤った。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加