九州大会で個人シングルスの頂点に立った佐賀女子の黒岩はるな。団体戦ではエースとしてけん引する

■男子

 県大会を初めて制した武雄が出場する。多彩なテクニックを持つ古賀は、スペースを見つけて正確に狙う精度の高いショットが打てる。主将としてチームをけん引する溝上は、パワーのあるスマッシュと気迫のこもったプレーが持ち味で仲間からの信頼も厚い。

 【武雄】溝上智明、古賀健太郎、栗原和希、今里亘希、諸岡颯太、宮崎雅之、高田燿輔

■女子

 佐賀女子が2年連続で全国舞台に臨む。チームの中心は、個人シングルスで九州大会を制した黒岩。リーチの長さを生かして高い打点で打つことができ、フットワークも軽快だ。芳賀は粘り強いプレーが身上。黒岩とダブルスを組んで九州大会3位に入った井上は鋭い読みを見せる。

 【佐賀女子】○黒岩はるな、高尾鈴花、山下莉香、井上鈴華、芳賀愛美、井本那桜、村岡遥、友田倖

 ※名簿の【 】内は団体出場校、○は個人にも出場

このエントリーをはてなブックマークに追加